もしも私が富豪なら

この世に一億は存在する推し全員に貢ぎたい

あまりにも急にLDHにハマる

タイトルそのままの話だけれど、あまりにも突然LDHにハマったのでその一連の流れを記録しておこうと思う。

 

そういえば前回の記事は一年前で、毎回「一年も何も書いてなかったね」みたいなノリで書いている気がする。一年置きに書かれるこのブログの内容が毎回違うジャンル違う推しのことを書いていて、あまりにも別人すぎると我ながら思う。しかしながら推しも推しジャンルも流動的なオタク生活をもう十何年も続けてきた身として、慣れた光景である。

 

 

そんなことはさておき、色んなオタクをして十何年。友人や知り合ったオタク、色んな人に「大体のジャンル通ったけどLDHだけは全然わかんないわ〜(笑)」と唯一ハマらないであろうジャンルとして掲げていたLDHにハマった。つい2ヶ月ほど前の話である。

 

そもそもLDHとはざっくり言うとEXILEを筆頭としたEXILE TRIBEE-Girlsなどのあの事務所を指す。

 

私という人間は、ジャニーズからオタクとしての人生を歩み始めたのもあって昔からとにかくキラキラした男の子が好きだった。ジャニーズ、K-POP、アニメ、声優、舞台俳優etc...とにかく自分の感情の赴くまま色々なジャンルを巡って、昨今は2.5次元ミュージカルと俳優に落ち着いていた。

 

元々ある程度はLDH関連の知識はあった方だと思う。EXILEはわかる。SECONDはなんとなくわかる。3代目はわかる。GENERATIONSは詳しいそれぞれのキャラとか知らないけど顔と名前は全員わかる。RAMPAGEは川村壱馬くんラップするよね?それは知ってる。みたいな。

 

ただ、劇団EXILEのことはめちゃくちゃ好きだった。なんと言っても顔面大好き最高に結婚してくれ俳優こと町田啓太さんがいるからだ。それから結構昔からなんだかんだ見てる鈴木伸之くんと、私が最高に本当に人生で一番大好きな仮面ライダーことエグゼイドくんに出てた大好きな小野塚勇人くんと、まだいるよ顔面が大好き俳優こと佐藤寛太くんもいる。何しろ私は俳優が好きだった。

 

そんな感じでいたけれど、曲はそんなに興味がなかったし、どうせボーカルは踊らずに歌ってパフォーマーが周りでガシガシ踊ってんでしょみたいな、何しろ私は初期のEXILEが最高に盛り上がってた時期がちょうど世代〜!って感じの年齢なので、アーティスト面に関してのLDHに対する妙な抵抗感が拭えずにいた。だけど ここらへんのクソみたいな偏見は(あとで詳しく書くけど)RAMPAGEに出会うことによって覆されていく。

 

さて、私がうっかりLDHにハマるまず一年前に遡ろう。このときはまだ前述の通り、劇団EXILEだけが好きという感じであった私だが、LDH発信のとんでもない作品に出会う。

『PRINCE OF LEGEND』である。

映画「PRINCE OF LEGEND」ドラマPV - YouTube

 

一体何が始まったのかと思った。伝説の王子.....??セレブ王子....??ヤンキー王子....??なんのこっちゃわからなかった。

ただ一人のヒロインを巡って王子争いをするってことはなんとなくわかった。私は思った。

 

「なるほど、好きなやつやん」

 

せやねん、好きなやつやねん....ウチ、乙女ゲームとか逆ハーとかあほみたいに好きなオタクやねん.....見るしかないやん.....

本能が見たがっていた。絶対に見ろ、脳がダイレクトに感情に語りかけていた。

 

そしてドラマが始まって、やっぱり好きなやつ〜〜〜〜!!!!!!と嬉しすぎて飛び上がった。一話からぶっ飛んだ世界観、キラキラしたビジュアル。この頃の推しは京極尊人(演:鈴木伸之)である。

そしてさらにここで吉野北人を認識する。

 

プリレジェは私の好きを刺激し続け止まることを知らなかった。そう、ゲームが配信され始めたのだ。ゲームは苦手だった。飽き性なので長続きしないのだ。

案の定、最初のうちは熱心にしたけれど、だんだんと疎遠になってしまった。(この頃チームネクスト関連のイベントがやっていたりと後々後悔することになる)

 

だがしかし、私は再びゲームを再開した。なぜなら王子選手権が始まったからだ。なんのことか分からない人は「プリレジェ 王子選手権」でTwitterとかで検索してみてください。かっこいいビジュアルの選挙ポスターみたいなやつに、最高にクレイジーなキャッチフレーズが付いてて最高なんで。(褒めてる)

 

とにかく再びゲームを再開した私に思いがけず訪れた新たなきっかけそれは「小田島陸、日浦海司 恋愛ストーリー解禁」という知らせだった。この小田島陸くんと日浦海司くんというのは、プリレジェの中で吉野北人くん演じる光輝の仲間の二人で、川村壱馬くん吉野北人くんと同じくTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEメンバーの樹くんと慎くんが演じている。

 

正直ドラマでは目立つキャラクターではなかった。私は尊人を推していたし、申し訳ないがそんなに存在を意識したことがなかった。だけどゲームで恋愛ストーリーが配信されることになってオタクの私が謎の食いつきを見せ始めた。

 

「RAMPAGEの子だよね?RAMPAGE見てみるか」

 

いやほんとなんでそうなったの?わかんないよ今私これ書いててもまったく脈絡無さすぎて意味わかんないよ。

もはや無意識だったのかもしれない。顔が良い、ただそれだけは本能で感じていた。

 

そしてYouTubeで数曲RAMPAGEのMVを見て気づく。いやめちゃくちゃ曲好みですやん。

 

本当に好みすぎてびっくりした。なぜ今までこんな好みの曲が耳に入ってきていなかったのか不思議でならない。なんで誰も教えてくれなかったの??お前好みの曲あるよって誰か教えてくれても良かったんじゃない????(はい?)

 

しかもボーカルも踊る。歌が三人ともめちゃくちゃにうめぇ。ラップまじかっこいい。顔が良い人が多い。あと私は筋肉とガタイの良い人が好きという性癖がある。そもそも私は大人数グループ厨みたいなところがある。終わったと思った。

そんなこんなであれよあれよという間にめちゃくちゃハマってる自分がいた。軽率すぎる。

 

とりあえず曲を購入した。アルバムも買った。ライブ映像がとにかく見たかった。そしてBOTを知り、一週間後にはBALLISTIK BOYZまでのJr.EXILE総勢38人の顔と名前を一致させていた。オタクはスピードが命である。

 

そして遂に推しメンバーができる。藤原樹さんである。

藤原樹さんの何が好きって言い始めたら止まらないレベルで急激に好きになったので、好きになったあたりの記憶が無い。気がつけば全てを愛していた。(壮大)

 

そして藤原樹さん演じる日浦海司くんの恋愛ストーリーがゲームで配信される。知らなかった日浦くんの一面にズブズブで推し王子が日浦くんになる。

 

この辺りからほんとに気が狂っていた。秒でFCに入り、LDH TVも契約した。LDH TVのおかげで毎日が楽しすぎて意味がわからない。LDH TVに貰った幸せの大きさは計り知れない。

 

そして今日初めてEXILE TRIBE STATIONにも足を運んだ。店員のお姉さんたちがめちゃくちゃ強そうな女たちで強そうだった。(語彙)

 

 

長々と書き綴ってしまったがとにかくRAMPAGEは最高だし藤原樹さんはあまりにも好きだしプリレジェは愛してるし、明日はHIGH & LOWのライブビューイングに行ってきますね。

 

毎日が楽しくてハッピー!!!!!!