もしも私が富豪なら

この世に一億は存在する推し全員に貢ぎたい

オタクだけど節約を優先してしまう話

節約って大事ですよね。お金って無限じゃないし、なんにでもお金って必要じゃないですか。

 

いろんなタイプの方がいると思いますが、私はあまり多ステと遠征をしないタイプです。完全にしないというわけではないし、したくないわけではないですが、まぁ滅多にしないですね。

・推しが出演してる且つ原作or元から好きな作品→多ステと遠征を考える。

~~~ボーダーライン~~~

・推しが出演してる作品

・推しは出てないが原作or元から好きな作品

→基本的に関西公演があればそれを一公演。

 

という基準で考えています。私は関西に住んでいるので、大概の大きな作品や再演、続編だと関西公演があるのでありがたいです。

 

こうしているのはとくに複雑な理由があるわけではなく、ただお金を貯金したいからです。貯金第一、倹約の鬼こと私。

例えば私が舞台一筋のオタクだったらこういう考えは無く、好きなだけ舞台を見に行っていたのかなとも思いますが、生憎私は多趣味なので、そういうわけにもいきません。俳優の推しだけでも3人いるんだもんそりゃな。毎月何かしらDVDやCDを購入している気がします。現場に行けばそのチケット代、交通費、グッズ代が必要だし、別にオタ活費以外でも食費だったりメイク用品代だったり服代だったり何かしら必要。どうして私は石油王の嫁じゃないんだろう。

 

色んなもののオタクをしていると、自然に自分の中で「優先順位をつける」という作業が頻繁に行われることになります。欲しいものが同時に二つあったら、まずどれを先に買うのか。行きたい公演がいくつもあった場合どれを最優先するのか。私はこの思考回路に鍛えられたオタクなので、あれもこれもっていうのはどうしてもできないです。倹約の訓練兵なので。

 

多ステや遠征をしたくないわけじゃないと書きましたが、したくないわけじゃないどころか本当はできることならしたいという気持ちだってあります。でもそれでもほとんどしないのは、結局自分の中で「その公演を多ステすること/遠征すること」と「その他」を天秤にかけて、その他を優先してしまっているということなんですね。

 

前回の記事でも書きましたが、しばらく茶の間だったということもあり、どうしてもそういう思考回路になってしまいます。もはや癖のようなものなのでどうしようもないのですが、もう少し自由に楽しくオタ活したいなという気持ちがあります。

確かにお金はめちゃくちゃ貯まる。私は一年で100万貯めました。

しかしこれをしていると堅実にお金は貯まる一方でオタクとしてひしひしと感じた教訓があります。

 

行けるときに行け!!!!!!

会えるときに会え!!!!!!!!

以上!!!!!!!!!!