もしも私が富豪なら

この世に一億は存在する推し全員に貢ぎたい

オタ友が欲しいという話

今朝二度寝したらジャニーズWESTの一員になった夢を見た。

年齢や自分自身のキャラもそのままだったので、どうやら小瀧重岡と仲が良いらしく主にその二人と話すというなんとも俺得な夢だった。重岡ちゃんが「違えて(たがえて)違う(ちがう)なんちゃらかんちゃら」と話すのを聞きつけた私が「重岡くん違う(たがう)と違う(ちがう)は同じ漢字やし同じ意味やで!ぷぷぷっ、違えて違うってwwwww」「し、知ってたわ!」「のんちゃん聞いてよ今重岡くんが違えて違うとか言ってためっちゃおもろいwwww」「違えて違うwwww」「もう!!!(ぷんすこ)」などとからかう夢だった。意味わからん...意味わからん過ぎる.....。夢に出てくるのは嬉しいが、なんとなく自分の深層心理にこのように重岡ちゃんを死ぬほどいじり倒したいという願望があるんじゃないかと思うと恐怖を感じた。私はもう少し現実を見るべきである。ちなみに違う(たがう)と違う(ちがう)では意味は変わってくる。夢の中でも馬鹿を発揮する私である。

 

という話は置いといて、私は自他共に認める友達の少なさである。それは決して私がコミュ障だとか人見知りだとかいうわけではなく、むしろ大体の人とは顔見知りになれるくらいだ。ただ、どこかに一緒に遊びに行くほど親密になるケースは少なく、相手にとっても「すごく多趣味で話の分かる人」止まりになる。

 

私は趣味の話を抜いてしまうと、本当に話すことがなくなるほど日々の時間を自分の趣味に費やしている。なんせ「ザ・女子みたいな大学行ってオシャレなカフェでランチしてパンケーキ食べて鍋パするような女の子って一体毎日何を楽しみに生きてるの?」などとリンチに遭いそうなことを言っている喪女である。つまりそうなると、微塵も趣味が合わない人とはなかなか親密にはなれないのだ。

 

でもこのスマホが普及した現代、SNSという素晴らしいアイテムがあるじゃないか、と思うだろう。Twitterでなら同じ趣味の友達を探せるし、実際数人くらいならTwitterで知り合った友達もいる。と言っても、本当にほんの数人である。実は私はTwitterで友達を作るという行為が昔のようにできなくなってしまった。

 

そうなった要因はいろいろあって、私が一番合わないタイプの人間にだけやたら好かれ束縛されがちだとか、高校のころにちょっと頭のおかしい中学生にSNSでやたら喧嘩をふっかけられたとか、ちょっとしたネタツイで1800RTを超えて二日程度でフォロワーが1500人を越えただとかエトセトラエトセトラ...。客観的に見ても本当についてない私である。そのときからつい最近まで3年くらい鍵付きのアカウントで引きこもって過ごしてきた。まだ21年しか生きてないのに、どうして「女友達の束縛がストレスで体調を崩す」という体験を3回も体験しなきゃいけないんだろう(困惑)

 

オタクをどこまで公表するのか、というのも私みたいな人間にはとても重要なことである。高校の頃はありがたいことに周りに腐った女子が4人もいた。アニオタもいた。すでに数多の沼に全身浸かって腐りきっていた私に優しい環境だった。類は友を呼ぶという言葉をしみじみと噛みしめた。ただ私のことが好きすぎる女友達に束縛されストレスが溜まった。専門学校は地獄だった。「ザ・女子みたいな大学行ってオ(以下略)」がわんさかいた。そして私のことが好きすぎる女友達に束縛されストレスが溜まった。

 

まぁしかしここまでくると慣れというものが出てくる。友達少ないと言ってもそこまで困ってなかったのだ。高校の腐友達とはコンサートに行けて楽しかったし、専門学校時代も高校の友達が遊んでくれた。楽しかった。「ザ・女子(以下略)」がいても強く生きることができた。

 

しかしその高校の友達も、私が専門学校を卒業すると同時に地方へ引っ越したり留学したりで以前の記事からもわかるように今会って遊べるような友達は幼馴染しかいないという現状である。そんな....そんなみんなしてすぐに会えない場所に行かなくても!!さらに去年、一人で防弾少年団のファンミーティングに参加したとき、改めて友達の存在の重要さを痛感する。

 

K-POPの現場はジャニーズの現場のように上手く回ってないため、ひたすら音楽を聞きながら孤独に耐えつつ6時間(バカじゃねぇの!?)グッズ販売に並んだ。開場までの2時間、孤独に耐えつつ一人でスタバで昼食を取った。「あのもしかして○○さんですか?」「あ、そうです!○○さん?」「そうです!初めまして~やっと会えましたね!」「本当ですよ!あ、これお菓子どうぞ」「ありがとうございます!私からもどうぞ!」などのフォロワー同士の初対面に四方八方を囲まれ孤独に耐えつつ会場で立ちつくした。孤独死するかと思った。孤独死するかと思った。実際顔は死んでいた。

 

だからこのままではいけないと思い、私は新しくTwitterのアカウントを作った。実に3年ぶりの外の世界(?)である。友達を作らないと、ジャニーズであれK-POPであれ今後現場に行ってあの孤独を味わうのはつらすぎると思った。しかし3年のブランクが私にはあった。友達ってどうやって作るんですっけ!??!タグ???!タグとか使えばええの??!?ハァ?!?!?完全にリハビリ気分である。しかもアカウントを分けるというのがすこぶる苦手な私はもう全部一緒にしちゃえという横着さで好きなものを全部呟くアカウントにしてしまったため、なんとなく肩身が狭い。とくにジャニーズ好きな友達が一人も増えない。いや増やせない。だってジャニーズ以外のことも呟くんだもん....でもアカウント分けるの下手くそでできない。負のスパイラルである。つらすぎ。

 

ここまで最近の苦悩をつらつらと書いたがほぼ愚痴である。だが許してほしい。友達が!!!!友達が欲しいだけなんです!!!!!!!切実に!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ところで昔私がエイターだった頃まだスマホが普及してなくてSNSもメジャーじゃなくてガラケーで友達を増やすメールみたいなのあったよね。なんか名前と自分の担当とメルアドを載せてメールで回すみたいな。色んな友達欲しい系ジャニヲタのメルアドが一覧で載ってて気になった人にメールするみたいな。あったよね。あれで繋がった人のこと何て言うんだっけ....なんか家族的な.....身内...?身内か!?とにかくそれを最近思い出せなくてモヤモヤしてるので誰か正解教えてください。