もしも私が富豪なら

この世に一億は存在する推し全員に貢ぎたい

きっかけの話~ジャニーズ編~

 

 小瀧望とかいうアイドルの存在に日々感謝し、涙を流している。

 

 小学5年生の頃に青天の霹靂かのごとく関ジャニ∞にハマった。確かに小さい頃から日常的にジャニーズを見ていた気がする。ただそれはジャニーズというアイドルだとは思わず、ただ歌手として見ていた気がする。だけどあの11歳の秋、母がこんな番組があるよと少年倶楽部を勧めてきた。母自身は見たこともなく、ただCMを見て私が好きそうだと判断し、勧めたらしい。そしてそうやって勧められて初めて見た少年倶楽部関ジャニ∞に出会う。

 

2006年の大倉忠義はそれはそれは輝いていた。いや、今だって輝いている。たっちょんはビジュアル担当だもんね。いや違うそういう話じゃなくて、本当に一人際立って輝いていたのだ。突然羽化したかのような輝きだった。明るい茶髪に少し長めのジャニーズっぽい髪型、ひと際目立つ背の高さと歌のうまさ。こんなかっこいいのにめっちゃ可愛い!?!?好きやねん大阪のステージを見て眩暈がした。そしてあっさりハマった。

 

この興奮とそれから彼らの素晴らしさをとにかく誰かに伝えたい、そう思った私は身の回りにエイターを探すのではなく増やすことに専念し始める。そもそも探すなんていう考えは無かった。その頃仲の良かった友人4人に少年倶楽部を見せ、4人ともまんまとハマり(チョロい)毎週毎週私の家に集まって彼らのコンサートDVDを見ていた。

 

ところでこのとき私が教えたためまんまとハマった友人のうちの一人は、未だにずっと関ジャニ∞のファンである。もう10年も一年の大半を彼らに割き、働いたお金のほとんどをつぎ込み、北は北海道南は福岡まで行ってるその姿を見ると、私は本当に大変なことをしでかしてしまったなという罪悪感に苛まれる。すまん、でも今めちゃくちゃ幸せだろ????????(反省ゼロ)

 

さて、大倉から始まったエイト熱は安田担になることで安定期に突入する。安田くんは可愛い。最高だ。今もそう思ってる。ただ結婚したいのは横山一択である。そこは譲れない。しかしこの周りも巻き込んだエイト熱は東方神起の出現で5年後あっさりと終わってしまう。

 

15歳の頃に初めての担降りを経験し、そこから6年ほとんどジャニーズには触れない生活を過ごした。たまに前述の現在もエイターの友人宅で関ジャニ∞のDVDを見るくらいだった。そう、私はつい最近までジャニヲタは卒業していたのだ。まさか自分が戻ってくるなんて一年前の自分は微塵も思っていない。

 

通っていた学校にSEXY ZONEのファンの友人がいたのだが、私が少しジャニーズを知っているからということで、かなりたくさんのジャニーズJr.を紹介され語られた。これが顕嵐ちゃん、かっこいいでしょ。で、これが安井、可愛いけど年は結構いってるよ。萩ちゃんは可愛いよ。この前ジャニーズWESTのハイタッチ行ってきた!淳太くんかっこよかったよ。重可愛いわ~。..........聞き流していたはずだった。

 

気が付けばジャニーズWESTが出る番組を予約している私がいた。気が付けば阿部顕嵐を一目見ようと再び少年倶楽部を見始めた私がいた。そこからは早かった。出会ってしまったのだ、松田元太に。

 

誰これめっちゃ輝いてる....やだなにこの眩い若さと朝露のような爽やかさと満ち溢れる未来への希望......松田、元太...???なんて古風な名前なの....年齢は?15、歳....?????(死).......(蘇生)やだ推すしかない。彼の未来に金を積みたい。

 

そうして私はジャニーズJr.という沼に足を踏み入れた。ただ、同時期にズンドコパラダイスでジャニーズWESTにも気持ちが傾き始めることになる。

 

前回の記事でも書いたが、私は最初に好きだと思った相手への気持ちは信じないようにしている。よって、松田元太尊いと思ってもこれはいつかは冷める夢だという気持ちはどこかあった。結果的に冷めたわけではないが小瀧望に落ち着いている現在である。推しを決めることに関しての私の直感はいつだって正しい。

 

エイターのころから見ている存在、それがB.A.Dと濱田崇裕である。流星くんや神ちゃんもまだまだ下っ端のころによく目にしていた。だからということもあるかもしれないが、ジュニアとしての歴がとても長い彼らを親のような目で見てしまう。さらにそれが好きだという気持ちを助長している節がある。こんなに頑張ってるんだからもっと売れてほしい。きっついアルバイトなんてしないで彼らにもウソホントどっち!みたいなスタジオ収録させてあげて!!リトラは毎週格差に涙を流している。いや考えてみればデビュー2年目と9年目が一緒にレギュラー番組をやっていること自体がおかしいのだ。

 

大阪マラソン密着は正直めちゃくちゃ泣いた。こんなにも頑張(略) 涙を流す淳太くんを見て泣き、それ見て泣くのんすけを見て泣き、メンバーの姿を見て走り出す淳太くんを見て泣き、重岡ちゃんの応援を見て泣き、最終的に号泣した(泣きのゲシュタルト崩壊)

 

ところでどうして小瀧望なのかと言われればうまく答えられない。なんだかものすごく好きだと思った。多分私のアイドルに対する趣向が、愛したいから育てたいに変わったせいだと思われる。育てたい。小瀧望育てたい。小瀧望バブい、育てたい。

 

今ちょっと防弾少年団と舞台鑑賞にお金を使っているためまだWESTのCDやDVDを我慢している状態なのだが、解禁したあかつきには私はどうなってしまうのだろうか。とにかく今はラッキィィィィィィィ7めっちゃ欲しい。切実に。