もしも私が富豪なら

この世に一億は存在する推し全員に貢ぎたい

約10年ぶりにジャニショへ行った話

最近、「望くんまじ輝いてるんだよォ><」と関係のないK-POP繋がりの友達にジャニーズWESTステマしている。

ジャニヲタ友達がいないという悩みもここまでくれば自分のことながら同情を感じずにはいられない。しかしながら思う、いくら私が昔エイターで少しジャニーズを齧ってたってどれだけ勉強したって結局はジャニーズWESTのファンの中でもド新規なのだ。「えーそんなことも知らないでファンとか言うのやめてくれます??」みたいな人に絶対に出会わないという確証はないのだとびびってしまっている自分がいる。こうなったのも以前書いたがやたらと頭がおかしかったりネット社会をわかってない子供にしつこく絡まれたせいだあいつら絶対許さない(怒)(怒)(怒) 優しくしてくれる友達が欲しい。

 

 

そんなことはさて置き、先日およそ10年ぶりにジャニーズショップへと足を運んだ。私は関西に住んでいるのだが、いわゆるド田舎育ちド田舎暮らしなのでなかなか大阪・梅田に出かけることが少ない。ちょうど私がジャニーズの世界に出戻りした少しあとに大阪のジャニーズショップが移転したので、何度も行きたい行きたいと言いつつ行けずじまいだった。そして先日、やっと梅田に用事があり、一人で自由な時間がたくさんあったので立ち寄った。

 

平日に行ったからなのか、人がすごく少なかった。私がジャニーズショップに初めて行ったのは12歳のころで、整理券をもらってやっと入れる日や、普通に入れても店内がギュウギュウだったイメージなので、店内がとても広く感じた。実際広くなってるのかな??とにかく当たり前だけど綺麗で快適な空間だった。

 

本当はジャニーズJr.の写真も見たかったし買いたかったのだが、絶望的な金欠と「まず何よりジャニーズWESTのCD/DVDを全部揃えることが最大の目標」と掲げている私にとって、なるべく出費は抑えたかった。というわけでお金も払いやすいし猛烈に厳選して10枚買おう、と。10枚きっちりじっくり厳選して買うことに決め、実際そうした。一つのグループにつき300枚くらい?(曖昧なんだけど)あるよね?写真。厳選というよりかは「要るか要らないかだと要らない」と次々と決めていく諦める心が重要だった。

 

とにかく無事選別作業を終え10枚を選んだ私はこれまた綺麗で広いレジへ向かった。「お姉さん、楽だろう10枚って。選ぶのも枚数数えるのも確認してくださいって並べるのも楽だろう」と思いながら写真を取りに行くお姉さんを待った。ふと、右側のレジをちらっと見ると、品の良さそうなブレザーを来たJKが会計をしていた。諭吉を出すJK。合計金額に表示された「8000」の数字。二度見した。瞬時に頭の中で計算が始まった。一枚160円の写真を8000円分買うとつまり....50枚!?もう一度左を見た。50枚という枚数が十分に予想される厚みのある写真の束を、お姉さんが一生懸命数えているところだった。二度見した。

 

いや別に枚数だけにびっくりしたわけじゃない。世の中には100枚いやもっとそれ以上の枚数を購入する方なんて大量にいるはずだ。違う私はそこではなく50枚買っているのがJKそう女子高校生だということに恐怖を感じていた。おいおい貴女どんだけリッチピーポーなんだおいおいおい.....貴女の横に金欠すぎて10枚買って贅沢だと喜んでいる成人済プアウーマンがいるぞおいおいおい.....とても悲しくなった。これが現代の格差社会かそうなのか。アイドルが静止画で夢を売っていてそれを買うという夢のような場所でリッチJKに現実を見せられた。私ももっとお金を稼いでアイドルに貢ぐぞ、という想いをさらに深く胸に刻んだ。そのうちあのリッチJKより貢いでやる(闘志)

 

そういえば時間が有り余っているついでにご当地モンクエストでジャニーズWESTが最初にいた場所巡りでもしようかと行ったのだが、普段劇団四季を年2くらいで観に行ってる私にとってハービス前とか何の感慨もなかった。ただやはり何度行ってもあそこの高級感に負け長居することは不可能である。まぁあのリッチJKなら地下のイタリアンのカフェでランチにパニーニくらいは食べるんだろうな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

こんなこと言ってるけど約10年ぶりのジャニーズショップめっちゃ楽しかったです。今度は誰かしらと行きたい(嗚咽)

 

 

オタ友が欲しいという話

今朝二度寝したらジャニーズWESTの一員になった夢を見た。

年齢や自分自身のキャラもそのままだったので、どうやら小瀧重岡と仲が良いらしく主にその二人と話すというなんとも俺得な夢だった。重岡ちゃんが「違えて(たがえて)違う(ちがう)なんちゃらかんちゃら」と話すのを聞きつけた私が「重岡くん違う(たがう)と違う(ちがう)は同じ漢字やし同じ意味やで!ぷぷぷっ、違えて違うってwwwww」「し、知ってたわ!」「のんちゃん聞いてよ今重岡くんが違えて違うとか言ってためっちゃおもろいwwww」「違えて違うwwww」「もう!!!(ぷんすこ)」などとからかう夢だった。意味わからん...意味わからん過ぎる.....。夢に出てくるのは嬉しいが、なんとなく自分の深層心理にこのように重岡ちゃんを死ぬほどいじり倒したいという願望があるんじゃないかと思うと恐怖を感じた。私はもう少し現実を見るべきである。ちなみに違う(たがう)と違う(ちがう)では意味は変わってくる。夢の中でも馬鹿を発揮する私である。

 

という話は置いといて、私は自他共に認める友達の少なさである。それは決して私がコミュ障だとか人見知りだとかいうわけではなく、むしろ大体の人とは顔見知りになれるくらいだ。ただ、どこかに一緒に遊びに行くほど親密になるケースは少なく、相手にとっても「すごく多趣味で話の分かる人」止まりになる。

 

私は趣味の話を抜いてしまうと、本当に話すことがなくなるほど日々の時間を自分の趣味に費やしている。なんせ「ザ・女子みたいな大学行ってオシャレなカフェでランチしてパンケーキ食べて鍋パするような女の子って一体毎日何を楽しみに生きてるの?」などとリンチに遭いそうなことを言っている喪女である。つまりそうなると、微塵も趣味が合わない人とはなかなか親密にはなれないのだ。

 

でもこのスマホが普及した現代、SNSという素晴らしいアイテムがあるじゃないか、と思うだろう。Twitterでなら同じ趣味の友達を探せるし、実際数人くらいならTwitterで知り合った友達もいる。と言っても、本当にほんの数人である。実は私はTwitterで友達を作るという行為が昔のようにできなくなってしまった。

 

そうなった要因はいろいろあって、私が一番合わないタイプの人間にだけやたら好かれ束縛されがちだとか、高校のころにちょっと頭のおかしい中学生にSNSでやたら喧嘩をふっかけられたとか、ちょっとしたネタツイで1800RTを超えて二日程度でフォロワーが1500人を越えただとかエトセトラエトセトラ...。客観的に見ても本当についてない私である。そのときからつい最近まで3年くらい鍵付きのアカウントで引きこもって過ごしてきた。まだ21年しか生きてないのに、どうして「女友達の束縛がストレスで体調を崩す」という体験を3回も体験しなきゃいけないんだろう(困惑)

 

オタクをどこまで公表するのか、というのも私みたいな人間にはとても重要なことである。高校の頃はありがたいことに周りに腐った女子が4人もいた。アニオタもいた。すでに数多の沼に全身浸かって腐りきっていた私に優しい環境だった。類は友を呼ぶという言葉をしみじみと噛みしめた。ただ私のことが好きすぎる女友達に束縛されストレスが溜まった。専門学校は地獄だった。「ザ・女子みたいな大学行ってオ(以下略)」がわんさかいた。そして私のことが好きすぎる女友達に束縛されストレスが溜まった。

 

まぁしかしここまでくると慣れというものが出てくる。友達少ないと言ってもそこまで困ってなかったのだ。高校の腐友達とはコンサートに行けて楽しかったし、専門学校時代も高校の友達が遊んでくれた。楽しかった。「ザ・女子(以下略)」がいても強く生きることができた。

 

しかしその高校の友達も、私が専門学校を卒業すると同時に地方へ引っ越したり留学したりで以前の記事からもわかるように今会って遊べるような友達は幼馴染しかいないという現状である。そんな....そんなみんなしてすぐに会えない場所に行かなくても!!さらに去年、一人で防弾少年団のファンミーティングに参加したとき、改めて友達の存在の重要さを痛感する。

 

K-POPの現場はジャニーズの現場のように上手く回ってないため、ひたすら音楽を聞きながら孤独に耐えつつ6時間(バカじゃねぇの!?)グッズ販売に並んだ。開場までの2時間、孤独に耐えつつ一人でスタバで昼食を取った。「あのもしかして○○さんですか?」「あ、そうです!○○さん?」「そうです!初めまして~やっと会えましたね!」「本当ですよ!あ、これお菓子どうぞ」「ありがとうございます!私からもどうぞ!」などのフォロワー同士の初対面に四方八方を囲まれ孤独に耐えつつ会場で立ちつくした。孤独死するかと思った。孤独死するかと思った。実際顔は死んでいた。

 

だからこのままではいけないと思い、私は新しくTwitterのアカウントを作った。実に3年ぶりの外の世界(?)である。友達を作らないと、ジャニーズであれK-POPであれ今後現場に行ってあの孤独を味わうのはつらすぎると思った。しかし3年のブランクが私にはあった。友達ってどうやって作るんですっけ!??!タグ???!タグとか使えばええの??!?ハァ?!?!?完全にリハビリ気分である。しかもアカウントを分けるというのがすこぶる苦手な私はもう全部一緒にしちゃえという横着さで好きなものを全部呟くアカウントにしてしまったため、なんとなく肩身が狭い。とくにジャニーズ好きな友達が一人も増えない。いや増やせない。だってジャニーズ以外のことも呟くんだもん....でもアカウント分けるの下手くそでできない。負のスパイラルである。つらすぎ。

 

ここまで最近の苦悩をつらつらと書いたがほぼ愚痴である。だが許してほしい。友達が!!!!友達が欲しいだけなんです!!!!!!!切実に!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ところで昔私がエイターだった頃まだスマホが普及してなくてSNSもメジャーじゃなくてガラケーで友達を増やすメールみたいなのあったよね。なんか名前と自分の担当とメルアドを載せてメールで回すみたいな。色んな友達欲しい系ジャニヲタのメルアドが一覧で載ってて気になった人にメールするみたいな。あったよね。あれで繋がった人のこと何て言うんだっけ....なんか家族的な.....身内...?身内か!?とにかくそれを最近思い出せなくてモヤモヤしてるので誰か正解教えてください。

 

アイドル好きを少しばかり拗らせた結果

 オタクを拗らせてる、と常日頃思うこの頃。とても乙女チックにアイドルを応援している若い学生を見ると、自分のピュアだった小学生時代を思い出し涙がこぼれる程度には戻れないところまで来てしまった気がする。

 

 最近幼馴染と昔の私たちはピュアだったよね、という話になった。この場合の「ピュア」というのはつまり、アイドルを恋する相手というような位置づけで応援している状態のことである。私と幼馴染の中では小学生~中学生の頃に関ジャニ∞にひどく執心し、毎日病的なほど彼らのDVDを視聴していたあの頃の思い出がやはり一番強い。高校のころは学校が違ったり私がジャニーズから離れていたりしたのでなかなか会うことが少なく、高校を卒業してまたジャニーズ鑑賞会をするようになって数年、現在改めて考えると私たちも変わったな、と。ただ一言「ピュアではなくなった」と言うしかない。

 

今でも超結婚してーー!!!と思いながらジャニーズを見る瞬間はある。それはK-POPも同じことで、いわゆるガチ恋枠というものが存在するのだが、それは決して自分が一番推してる子ではないというのが重要である。昔なら「超好き!結婚したいくらい好き!だから推す!」みたいなスタンスだった気がする。実際私は昔安田くんが死ぬほど好きだった。安田君が実際知り合いにいたら間違いなく恋していたし、結婚を申し込んでいたくらいだ。最初はみな一様にそうなんだと思う。アイドルは恋する相手だった。私もそうだったはずなのだ。だから担当の苗字に自分の名前をくっつけるなんて所業をやってのけたし、夢小説だって書けたのだ。今じゃ恥ずかしすぎて絶対にできない。

 

自分が年を重ねるにつれ、アイドルは恋するものから成長を見守るものに変わった気がする。「この子は伸びる。育てたい。推す」みたいなスタンス。彼らに使うお金だって「このお金でたくさん美味しいものを食え。そして幸せに生きろ。そして立派なアイドルになれ」と思っているからほぼ投資に近い。ジャニーズから離れている間にそういう風になってしまったので、出戻り後エイトに戻ることは一切なかったしその他デビュー数年経ってるグループにも行かなかったのだろう。ジャニーズJr.という無限大の可能性を秘めた若手に惹かれ、デビュー1年ちょっとのジャニーズWESTに惹かれ、そしてまだ19歳で伸びしろもまだまだある小瀧望に落ち着いたのだと思う。

 

そういう風になると、もはや好きだと思う部分の着眼点も変わってくる。確かに昔の私と幼馴染なら「今日のあの歌い終わったときの笑ったヤスくんめちゃくちゃ可愛かった>< 」だとか「たっちょんめっちゃセクシーでかっこよかった><」などという会話をしていた。だが現在はどうだろう。「のんちゃんのおっさんって言いかけておっちゃんって言いなおしたの可愛くない??結構イラッときたんだろうね...19歳可愛い...尊い(合掌)」だとか「大倉くんの襟足見てよ。めっちゃ可愛い...」などと言っている。キャーキャー騒ぐという言葉を知らないんじゃないかというくらいしみじみと噛みしめるように推しの尊さについて語り合っている。

 

もはやきっと好きな気持ちが振り切ってしまったんだと思う。確かに昔はアイドル、というかジャニーズはテレビに出てるかっこいいキラキラした人たちという認識で、だから恋していた。今はもうアイドル(偶像)というその言葉の意味そのままを噛みしめている気がする。そこに存在していることがありがたく、尊い存在。私たちはもうあのピュアだったころには戻れないし戻ろうとも思わないけれど、でもキャーキャー騒げなくなったのは少し寂しいなと思う今日この頃。年って取るんだな(当たり前)

 

ここまでつらつらと最近改めて思ったことを書いてみたが、重くない???どうも好きすぎると愛情重くなるのが私の悪い癖らしい。反省反省。ハァ~~~のぞむくんのハエに集られたときの今世紀最大レベルの苛立った顔が好き~~~生まれてきてくれてありがと~~~~~;;;;;;;(反省ゼロ)

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票した話

年内に終わらすべきだったものを年を明けてからやります。

 

ということで、ジャニーズ楽曲大賞2015に投票してきた。今年始まったばかりだけど2016年一番悩んだんじゃないかってくらい悩んだ。なぜなら楽曲を聞いたグループに偏りがあるからだ。アルバムの楽曲まで聞き込んだグループはジャニーズWESTSexy Zoneの二組くらいで、あとはシングル曲や少クラで披露した楽曲程度....。

まぁ曲数が絞られると選びやすいのが普通である。ただ、私は本気で悩んだのだ....そう、ジャニーズWESTの楽曲がどれもこれも好きすぎて。

 

小一時間悩んで出した私の結論をこれから感想つきで書いていこうと思う。

 

 

▼楽曲部門

1位 PARTY MANIACS / ジャニーズWEST

めちゃくちゃ迷った結果やはりこれが一位かな、と。初めて見たときの衝撃忘れない。ジャニーズWESTといえばcriminalやCan't stopのようなかっこいい楽曲をサラッと歌い踊りこなすThe ギャップのグループだとは知っていたが、これは別格にかっこいい。オートチューン(だっけ?音楽詳しくないので間違ってたらごめんなさい)にぴったりな声ってあるけど、重岡ちゃんはまさにそれだと思う。とにかく細部から全体のダンス雰囲気すべてにおいてかっこ良すぎる楽曲だった。

 

2位 Terrible/小瀧望藤井流星

ジャニーズWESTのビジュアルであるツインタワーのユニット曲だが、私の中では錦戸大倉のTorn以来の衝撃のかっこよさだった。曲だけでこんなにかっこいいって何事...!?!!もはや曲がイケメンと言っても過言ではない。

 

3位 ラッキィスペシャル/ジャニーズWEST

個人的去年一番幸せな楽曲だった。ジャニーズWESTの楽しい系の曲は、見てるこっちが自然に笑顔になるほど楽しそうに歌う彼らや、コール&レスポンスのしやすさがとくに魅力だと思う。この曲はタイトルの通りめちゃくちゃご利益ありそう感がやばくて好き。コンサートで聞いたら絶対楽しいんだろうなと思う。あと少クラでの披露で、最初のほうの重岡ちゃんがすごく可愛かったというのも込みでこれを3位に。

 

と、ここまでがとにかく悩んだ3曲である。どれをどの順位にするか悩んだ。もうほぼこの3曲は同率1位と言ってもいいレベル。

 

4位 Hey You/Sexy Zone

第一印象から決めてました。だってこれめちゃくちゃ可愛いしめちゃくちゃ楽しい曲じゃん....。Sexy Zoneの楽曲はハズレが無いと私の中で話題になっているが、この曲はバックで踊るジュニア込みで可愛くて好き。余談だが私は中島健人の歌声が死ぬほど好きなので今年はぜひ中島健人ジャニーズ楽曲カバーソロアルバムを出してほしい(願望)

 

5位 愛を叫べ/嵐

久々に私の中で大ヒットした嵐の楽曲である。嵐のこういう雰囲気の楽曲がとにかく大好きマンの私。wishとかラブシチュとかね。聞いてて幸せになるしとても好き。アレッ、私2015年どんだけ幸せになりたかったんだ...???関係ないけどこれカラオケでめちゃくちゃ歌いやすかった◎

 

ちなみに以下が惜しくも5位内に入らなかったけど好きだった楽曲たち。

・キミコイ

・TAMER

・Sakura

WASABI

・がむしゃら行進曲

・YOLO moment

・Past&Future

カレカノ

 

キミコイ、TAMER、WASABIの3曲はとくに上位5曲と競っていました。

 

 

▼MV部門

ズンドコパラダイス/ジャニーズWEST

楽曲部門に入れなかった代わりにこちらでズンドコに投票。めっちゃ好きなんだよねズンドコパラダイス....タイトル聞いた時はなんじゃそれ氷川きよしと思ったけど。この時期の流星くんは本当に地球のすべての光をかき集めたような輝きで好きなのと、のんちゃんの女装がひたすら可愛いということでこれにしました。

 

 

▼未音源化楽曲部門

勝つんだWIN/Mr.King vs Mr.Prince

サマーステーションとめちゃくちゃ迷った...。でもやっぱりあの赤い衣装で歌うこの曲がとてもかっこよくて好きだということでこれに投票。キンプリってセンターになるべき子が6人集まったようなグループだなと思う。その中でもほぼセンターに君臨する平野という存在のキング感とは....折角グループの継続が決まったというのにバラバラの仕事が多くてちょっと寂しい。

 

 

▼コンビ部門

小瀧望&重岡大毅

あのときこんなだったとか具体的な理由はとくに無く、ただ私がこたしげを全力で推しているからです(真顔)

 

 

▼自担部門

小瀧望

尊い。

 

 

 

と、まぁ以上こんな感じです。昨年はジャニーズの現場に一つも行ってないから、次は投票できるように何かしら行きたいところ。あ、でもエリザベートは絶対に何が何でも行こうと思ってるので(そもそもエリザベートが好きなので)それだけは確実に叶えたい。

 

それにしてもやっぱりジャニーズって良いよね(しみじみ)

今年の野望

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

と、誰かに読んでもらっているのかも不明なこの場で挨拶してみる。 

 

年は明けたというのに私は2015/12/31から一ミリも変わっていない。むしろカウコンで大興奮しながら年越して数時間寝れなかったくらいだから年跨いだ瞬間オタクが深刻になったと思ってもいいレベル。

あ、今年のジャニーズカウントダウンコンサート最高でしたよね。ほんとに歴史に残る回だった。松潤と河合くんが共にwishを踊る時代に生まれてよかったと心底思いました。河合くんが松潤のものまねをし始めたころから見てるせいか、「なんじゃこの年季の入ったモノマネは」と感動した。松潤モノマネ界の大御所と呼びたい。ぜひ次は松潤と河合くんとふっかちゃんでwishを踊ってほしいものですね。

 

個人的には修二と彰どんぴしゃ世代だから、声にならない声をあげてとりあえず一旦立ち上がった。興奮すると人は「すごい」しか口にしなくなることをそのとき初めて知った。なんだったらつい先日忘年会も兼ねて行った幼馴染とのカラオケで、修二と彰を「私らフリ完璧じゃねぇか」などと言いながら二人でデュエットしたばかりだった。修二と彰が出てきた瞬間、家族が寝静まってうるさくできない自宅で叫べない私の代わりに、会場が猛烈な奇声をあげていた。ありがとう、私の分まで発狂してくれて(違う)

 

とにかくめちゃくちゃ大興奮な年越しを過ごした私の今年の野望はとりあえずジャニーズのコンサートに一回行く。2014年の暮れ、突然のジャニーズへの出戻りを遂げた私は去年一年まだ推しも定まらずこのまま事務所担として生きていくしかないんじゃないかと色んな子をふらふらとしていた。だからこそ、去年一年はK-POPというか防弾少年団と俳優にオタ活の9割を捧げてこれたのである。しかし今は違う、私はジャニーズWESTに落ち着き、さらに小瀧担ということに落ち着いたのである。グループだけでなく一番の推しまで決めたのだから進歩だと思う。ということで2016年はジャニーズに9割を捧げる年にしたい。

 

ジャニーズに出戻りしてからしたかったことが2つあって、一つは自室をきれいなオタクの部屋にすることで、もう一つはうちわを作ることである。自室のほうは順調に壁が見えなくなっている現在、いい感じになっているのではないだろうか。だがうちわは、コンサートが無いと成し遂げることができない。というわけで私は今年こそジャニーズのコンサートに行きたいのである。第一次ジャニヲタ時代はジャンボうちわを買うことに満足しすぎてうちわなんて作れなかった。小学生の私にそのセンスはなかった。

できればジャニーズWESTのコンサートに行きたいものである。絶対楽しい。DVD見るだけでも楽しいもん。実際行ったら楽しすぎて昇天するのでは???????(大真面目)

だが一つ心配なのは、私が元々どのジャンルに置いても一年に2つくらい現場に行けたらすごいほうってくらい茶の間だってこと。だってDVDが出るんだもん....。いやそんなことは言ってられない。私は小瀧を生で見て輝きのあまり乱視が酷くなってもいい覚悟である。絶対に成し遂げてやる(燃える闘志)

 

あ、そうそう、カウコンの興奮か、はたまた年末ライブビューイングに行くはずだった防弾少年団のコンサートが中止になってチケット代が戻ってきたせいか、それとも祖父母にこの年になってクリスマスにお小遣いをもらったせいか(孫の中で女は私一人なので何かと甘い祖父母である)、とにかく年が明ける直前にそれまで買うのを我慢していたジャニーズWESTのDVDを二つ買いました。

ちなみに防弾少年団コンサート中止事件に関しては微塵もなんとも思ってないし、まぁ仕方ないんじゃないのくらいでほんと周りが騒ぎ立てているのを不思議な心境で見ているレベル。謝罪が無いとかそんなことお国が違う方にこちらの当たり前求めてもね.....そういうところドライなんで、今までもこれからもアイドルをずっと好きでいられるんだと思います。

 

 

そんなこんなで、今年はジャニーズの年にしたいぼんち。新年早々、バーゲン行くついでにジャニーズWESTの猿魂グッズを城ホールまで買いに行きましたとさ。

本当はグッズ買いに行くついでにバーゲン行ったんだけどね。