もしも私が富豪なら

この世に一億は存在する推し全員に貢ぎたい

推しを10分に1回見たくなる病気

誰か、私の推しを見てくれ。

 

私は長くアイドルのオタクであるが、友達は極めて少ない。それは私が少々独自の価値観を持って、独自の好みで、独自の感性で応援してしまっているというのが原因でもあるが、単にある一定時期からSNS上でオタクの友達を増やすことがなくなってしまい、その結果が今である。私は中学の頃からSNSを利用しているが、TLの壁打ちがここ数年深刻である

 

前回の記事から5か月ほど経過しているが、私は相変わらずプロデュース101に熱中する日々を過ごし、無事に推しであるパク・ジフンが最終順位2位でデビューし、WANNA-ONEという世界最高のグループ(だと私は思っています)が誕生し、最高の曲と活動に涙し、忙しすぎるスケジュールに心を痛め、終わりが近づくことへの恐れを持ち、それでも毎日推しは最高で幸福を感じる日々を送っている。要約するとアイドル最高。

 

そういうことなので、本当は周りともっとワナワンの話題で盛り上がって毎日幸せだという共感を得たいのだが先述の通りびっくりするほどの壁サーの壁っぷりである。だからと言って、今更SNS上で友達を増やすというのはかなり難しい話なのだ。ネット上での初対面の相手とどう話せばいいのかをあっさり忘れてしまった。

 

しかしながら推しが最高だという思いは止められない。なんせ私は今、10分に1回は推しが見たくなる病気にかかっている。何をしていても何を考えていても思考が勝手に最終的にワナワンのことを思い出すようになっている。非常に困る。馬鹿みたいじゃないか。

 

パク・ジフンに出会って、語彙力がより一層貧しくなったのは顕著だ。正直今は「やばい」「最高」「可愛い」「すごい」以外の言葉を忘れた状態である。最高にやばい。

 

私は私の現在の推しであるパク・ジフンのことがとても好きだ。可愛い顔に似合わないがっしりとした体格。食いしん坊でダイエット期間中にもチキンを食べてしまう意志の弱さ。愛嬌担当だが普段は愛嬌ゼロの暴言暴力19歳であるところも最高だ。顔面と声が釣り合ってなさ過ぎてジフンがしゃべり始めると画面を凝視し始めてしまう。とにかくビジュアルがいいのに大事なときに限って二重幅の調子が悪い。チソンのことを定期的に10万馬力の力(推定)でグーパンチするところも大好きだ、そんなことをするから82kgとか言われる。とにかく大好きなのだ。

 

とにかく大好きだということを誰かに聞いてほしいしわかってほしいだけなのにどうして友達がこんなにもいないんだろう。罪のない人間に色んなジャンルを布教して沼の底に落とすという長年に渡り何度も繰り返されてきた犯行に罰が下ったのだろうか。

 

そういえば私はずっと一人の推しを好きな歴代最長期間が3年と短い。今度こそ、今度こそこれで最後の推しだと今まで一体何回言ってきたことだろう。今度こそ真実にしたい。

 

とにかくもう誰にもどこにもぶつけようがないのでここにつらつらと書いた次第だ。色々書いたけど要は私の推しを見てくれ!!!!!

 


Show Champion EP.241 Wanna One - Burn it up [워너원 - 활활]

来世では男性アイドル育てたい

PRODUCE101 シーズン2にこんなにもハマっているのは、自然の摂理のように思えてきた今日この頃。

韓国のサバイバル系のプログラムはここ数年で格段に増えた気がする。私は、そういった番組を必ず見るようなタイプではないし、どちらかというと見ないことのほうが多い。なぜなら、推しがデビューしないということもあるからだ。なのにプデュにハマったのは紛れもない、今回シーズン2になって参加練習生が男性になったからだ。

 

私は男性アイドルが好きだ。あまり女性アイドルには興味がなく(好みの楽曲があれば聞く程度)、男性アイドルだけをまっすぐに応援してきたタイプのオタクである。シーズン1では女性練習生のサバイバルだったPRODUCE101の『様々な評価ステージや練習を乗り越え、最後は国民の投票でデビューできる11人が決まる』というシステムが、シーズン2で男性練習生のサバイバルになったことで私の中で突然意味を持ち始めた。

きつい練習、トレーナーの厳しい言葉、様々な困難にぶつかった先に待っているたった11のデビューの座をかけて男性アイドルの卵たちが競うですって......それ絶対私が好きなやつやん。

そう思って見始めて2か月あまり。まんまとハマっているわけである。

 

私の推しはマル企画所属パク・ジフン練習生。

f:id:ppksjdd:20170519155050j:plain

練習生お披露目の場でウインクをかましてきた、ウインク少年ことパク・ジフンくんである。話題性は抜群、とにかくビジュアルが良い。彼は可愛いルックスのわりに男っぽく、ポッピンとボイスパーカッションを得意とし、自己紹介動画でぺらっとしたお腹を見せ「まだ腹筋が無いので、僕を選んでくれたら腹筋を作ります」と公約したり、ウナギを触って「可愛い」と言ったりする。子役出身で、昔はあのBIGBANGの番組にも出ていたらしい。さらには先述のウインクの件もあって、知名度はかなりのものだ。

f:id:ppksjdd:20170519155249p:plain

毎週の投票では常に1位に君臨し、第一次順位発表式では圧倒的投票率で1位通過した彼が、私の推しである。

私は決してミーハーなわけではないし、むしろ本当は周りが騒ぎ過ぎると冷めるタイプなのだ。それなのに彼が推しになったのは、私の中では相当なイレギュラーなのである。

考え始めるときっかけはやはり、ウインクなのだ。ただ、その顔が良かったとか可愛かったとかそんな話ではない。私はテレビで初めて映るその瞬間に、たまたま自分がカメラに抜かれたその瞬間にウインクをしてきたその度胸と、アイドル的なセンスに心を射抜かれたのだ。

 

歌が上手い子やダンスが上手い子は、いくらでもいる。両方完璧な子だって次々出てくる。ビジュアルだって綺麗な子は山ほどいる。ちょっと顔が薄くてもメイクで大変身できる時代だ。そんな中でアイドルとして目立つためにはやはり、カメラの前やステージの上でどれだけ輝けるかなのだ。

歌唱力もダンスも、後からついてくることができる要素だ。SHINeeのテミンなんかが良い例である。途中から爆裂歌唱力があがったテミンのことは未だに見るたびにすごいと思う。

 

だから私は、私が応援する子に対して一番求めているのは「アイドル性」「輝き」なのである。カメラに抜かれたら絶対自分のもつ一番良い表情ができる子。曲によって多様な表情を見せることができる子。手先や瞳など、ふとしたときに色気や魅力が感じられる子。やはりそういう子を見ると、推したいと思う。絶対にこの子はアイドルにならなきゃいけない、そう思わせてくれる子が好きなのだ。PRODUCE101は私に改めて自分にとってのアイドルを考えさせてくれた。大袈裟である。

 

今日は第7回の放送だが、先週パク・ジフンくんの順位が3位に落ちてしまったし、ほかの推しの順位も気になってそわそわしている。明日は第二次順位発表式もある。キム・ドンハンが脱落しないか気がかりで仕方ない。私の推しが全員デビューできる世界線に生きたい。切実に。

パク・ジフン、イ・デフィ、チュ・ハンニョン、キム・ドンハン、チョン・セウン、ペ・ジニョン。花道だけ歩こう....

 

あ~~~~私が石油王の嫁なら今すぐ芸能事務所設立して全員引き抜いてデビューさせるんだけどな!!!!!!!!!!

涙腺がおかしいという話

最近涙腺がおかしい。

成人してから数年経つが、成人するタイミングで突然スイッチが入ったかのように涙腺がゆるくなった。君、成人したから記念に涙腺をゆるくしてあげるよ!みたいな。そんなオプションはいらない。

 

元から泣くタイプではない。そりゃもちろんドラマとか映画で登場人物が死ぬとか、そういう一般的に泣けるシーンで泣くことはあるけど、それって自らの意志ではないというか、どっちかというとシナリオに泣かされてるという感覚。普段、自分のことで泣くほど悲しむことも無い。逆に嬉しくて泣くことも一切無い。よく好きなアイドルのコンサートに行って嬉しすぎて泣くとか、曲が良すぎて泣くとか言ってる子がいるけれど、私はそういう経験は一切ない。感動はするけどね。私が普段泣く理由としては、悔しいか恥ずかしいかの二択である。だから元からあまり自分のことで泣くほうではない。

 

なのに、ここ数年とにかく涙腺が変なタイミングでばかりゆるむ。ざっくり具体的に言うと、エンターテイメント性のあるパフォーマンスを見たときと赤ちゃんの成長を映像で見たときに本当に自分でも引くほど涙が出てくるようになってしまったのだ。

 

エンターテイメント性のあるパフォーマンスとは主に、ミュージカルだったりショーだったりを指す。元々ミュージカルはとても好きだし、私にとっては保育園のころから慣れ親しんだ文化である。けれども、歌が良くて泣くことは今まで一度もなかったのだ。

それなのに去年、劇団四季美女と野獣を観に行ったときの話である。開演数分後、ベルの初登場シーン。歌いだすタイミングで、両目から涙が溢れていた。え、なんで泣いてるの私は。え??????状態である。

 

それからはもうおかしいの連続だ。ズートピアを見に行ったら3回くらい泣いた。始まる前のジャングルブックの予告で泣いた。SINGを見に行ったらI'm still standingが始まった瞬間泣いた。

極め付けは美女と野獣吹き替え版を先日見に行ったときである。オープニングの音楽を聞いて泣いた。ベルの最初の歌で泣いた。Be our guestで泣いて、evermoreで泣いて、美女と野獣で泣いてエンディングで泣いた。結論から言おう。

泣きっぱなしである。

 

さすがに引いた。自分にかなり引いた。なんでこんなに泣いてるんだろう。精神不安定なんか?????不安になった。ただ感受性が豊かになりすぎただけだと信じたい。20代でこの涙腺だとすると30代、40代はどうなってるんだろう。

.....ちょっとやばすぎじゃない???????

 

泣くのは別に良いのだが、映画館などで過剰に泣くのはかなり恥ずかしいので、涙腺さんもちょっとは場所を考えていただきたいものである。

 

まぁ何が言いたいかって、美女と野獣吹き替え版最高だったぜ!!!!!!!

最近のあれこれ

なんか書くの久々だなぁと思ったら前回の更新から一年くらい経ってた。久々どころではなかった。ことごとく日記やブログを継続できない私である。

 

実は去年新しく仕事が始まってそれでばたばたしていたのだけれど、やっぱり自分のヲタ活の語彙力の欠乏した感想をぶつける場所が無くて(友達が極少なので)、誰も見てないであろうここに綴るしかないわと思い立った次第である。

 

相も変わらず私はジャニーズWESTが大好きで小瀧望の顔面が最高に可愛いとしみじみ感じている毎日である。ただ早く髪を切ってほしさが毎日すごい。24コンのDVDが出るけれど、発売の早さすごくない??パリピポは1年待ちましたけどねどういうことだよ。あと新曲決まったらしいがどこからどうつっこんでいいのかわからない。とりあえずチャーハン食べたくなった。

 

それからK-POPにおいては大きな変動があったことを伝えたい。一年前は確かにアーミーだった私なのだが、すっかり冷めてしまったところに去年末、私はとんでもない沼に落ちてしまった。SEVENTEENである。なんで今更?そう思うかもしれない。いや実際私自身もそう思った。デビューのころから曲は聞いてたし周りがハマってたのでメンバーも13人覚えたけどそれでもピンとこずに約2年を過ごしていたわけだが....ある日突然気づいたら沼の深みにいた。ハマる前とハマったあとの記憶が無い。相当にヤバい。ユン・ジョンハンは尊い

 

それからプロデュース101シーズン2を熱心に見ている。パク・ジフンという才能の輝きに出会った私は、まだまだアイドルを応援することをやめらんねぇなと思った。元からやめる気はさらさらない。毎日すぎて行くのが早すぎて、このままシーズン1の流れで進めば来月には11人が決まってしまう。怖い。絶対デビューしてほしい。確かにパク・ジフンは1位通過だから安泰だろと思う人もいるかもしれないが、私は安心したくない(え?)人生何が起こるかわからへんねんで.....

 

しかしながら一年前の自分の記事を読んでわかったことがある。

私って毎年アイドルの応援しかしてない(愕然)

幸せだからいいんだよほっとけほっとけ!!

 

結局ジャニーズJr.では誰を一番推してるのか考えた

結論から先に言おう。まったくこの子が一番だと一人に絞ることはできませんでした!!!(大声) で、でもなんとか3人に絞ったから...絞ったからさ.....

 

数カ月前巡り巡ってジャニーズWESTに落ち着き、さらにその中でも小瀧望を推すと決めてからは二の次になっていたジャニーズJr.。それでもよくよく考えてみれば小瀧望に落ち着く前はもっぱらジュニア担でジュニア目当てで雑誌を購入していたほどだから、今だってもちろんジュニアもめちゃくちゃ好きなのである。ガムシャラや少年倶楽部は毎週すごく楽しみだし、先輩グループのバックは逐一チェックしてしまう。

でも推しは定まっていなくてあの子もこの子もいいな~~と思ってしまう尻軽女なので、今一度真剣に誰が一番好きなのか推しているのか考えてみた。冒頭でも言ったように一人に絞ることはできなかったのだけれど、とにかく脳内ソートを繰り返しどうにか3人には絞りました。

 

 

松田元

もちろんまずは元太くんである。担当というのは少し違うけど、それでも私が小瀧くんに落ちるまでの事実上のイチオシだった彼。サマーステーション期の茶髪はこちらが両目を覆って指の隙間から見ないと色気に押しつぶされるんじゃないかってレベルでエッチだったと思う。彼がなんで好きなのかというとまずあの輝きである。シンメのてっぺん目指してやるという勢いやアイドルとしてこのまま成長していきたいという内側から溢れる若さ故の輝き。そしてザルで米を洗い炊けると思ってたお馬鹿さ。めちゃくちゃ推せると思った。しかしながら最近は少し勢いが落ちたんじゃないかと思う。そうは言っても元太くんももう二か月後には17歳だ。そりゃ雰囲気が落ち着いてくる年齢だよね、なんて勝手に納得したり。あと松倉が横にいないからそれもあるかな、と思ったり。個人の能力を伸ばしてまた二人で輝き溢れるシンメとしてダンスを踊ってほしいというのがもっぱらの願い。きっと今は待ち合わせにすぎないんだよ。えぇそうです江原さんがWaTに言ったことをそのままパクリました

 

 

松村北斗

結局私ってずっと前から北ちゃんのこと好きだったんじゃないかと思う今日この頃。え、今更気づいたの?と言われた。どうやらかなり前から松村北斗という人のファンだったらしい。思い返すとジャニーズの沼に戻る前になぜか「北斗くんが出ているから」という理由で黒の女教師を見始めた私が確かに存在した。千葉くんケントス上遠野ゆっきーなど推してる俳優や出てるとそのドラマ結構見ちゃうなぁというような俳優が出ていたにも関わらず私は「北斗くんが出ているから」という理由であのドラマを見始めた。松村北斗という存在はずっとぼやっと記憶の片隅にあった。そう、B.I.Shadowとかいうやつである。あのドラマ好きだったなぁ....悪いヴァンパイア役が横山くんで喜んだなぁ...(懐古) 話は戻るけどそんなぼやっと記憶していた北斗くんの話を学校の友達にされてそこでぼやっとがはっきりとになる。で、黒の女教師....きっと多分ぼやっとの時代から好きだったんだろうな。だってぼやっとでも覚えてたってことはそれもう好きでしょ。高地のことなんてすっかり忘れてたよ(失礼) ところで北ちゃんのどこが好きかってそりゃあの溢れる色気、と言いたいところだけど犬が大好きなところとか強火濱田担なところがめちゃくちゃ可愛くて好きです。間違いなく松村北斗は猛烈に可愛い(苦悩)

 

 

◎萩谷慧悟

ジャニーズJrの誰か一人と結婚してもいいよって言われたら迷いなく萩谷くんと結婚する。したい。させてください(土下座) だって、だってさ.....めちゃくちゃかっこよくない???もうかっこいいしか言えない。ぽわっとした萩谷くんを見ると溢れる母性が止まらないし、ドラムを叩きながら少しはにかむ萩谷くんを見ると彼を舐めるように撮るカメラになりたくなる。え、普通なるよね???ならない?????おっかしいな~~~~~~~~~(困惑) とにかく「あれこのかっこいい人誰だr....あ、萩谷くんでした(微笑)」「うわっ、あの猛烈に輝いてる人誰だよ超結婚しt....あ、またまた萩谷くんでした(微笑)」てなる日々。でも実は初見は印象悪かったっていうか多分見た写真がすごく映りの悪い萩谷くんだったんだって...「え、めっちゃブサイク!」って言ったあの日の私を気絶するまで殴りたい。(過去の私に向かって)萩谷くんはめっちゃかっこいいよ!??!?!??

 

 

と、いうわけでかなり数週間かけて真剣に考えた結果、以上の3人に絞ることができました。絞ってどうするんだよってな。ただ自分の中で認識し気持ちを新たにこれからもさらに応援していこうというモチベーションあげたかっただけだ間違いない。ところで次は誰がデビューするんだろう(誰がデビューすれば世間的にも時期的にも納得なんだろう)というシビアな問題についてここ数日考えています。結論はでません。

世の中結論出ないことだらけだな!!!!!!!!!!!!!!(錯乱)